全国鍍金工業組合連合会(ぜんとれん)

令和元年度「現代の名工(卓越した技能者)」の本会受賞者のお知らせ (2019.11.12)
 卓越した技能を持ち、その道で第一人者と目されている技能者を表彰する所謂「現代の名工」につきまして、厚生労働省より本年度の受賞者が発表されました。
 本会より石ア利一氏(墨田硬質クローム求^東京組合)、清川敏男氏(清川メッキ工業梶^福井組合)がこの度表彰の栄誉に浴されましたので、お知らせいたします。

被表彰者氏名 組合/会社 功績 
石ア 利一
(いしざきとしかず)
東京都鍍金工業組合

墨田硬質クローム
高精度が要求されるゴム部品用金型への硬質クロムめっきに関して高い技能を有している。 とりわけ、微細で複雑な形状を持つ素材に対して、精巧なめっき治具を駆使し、 通常のめっき膜厚(二〇μ前後)よりも極めて薄い膜厚(二〜五μ)にて、 硬質クロムめっきを均一に付与させる技能に卓越している。 この技能により、金型の耐食性・耐摩耗性の向上及びゴム成型時の離型時間の短縮を同時に実現し、 金型の高寿命化及びゴム部品の生産性向上に著しく貢献した。
清川 敏男
(きよかわとしお)
福井県表面処理工業組合

清川メッキ工業
無電解めっきによる接合技術開発・製造に長年従事し、卓越した技能を有している。 当人が確立した様々な工法は、携帯電話やコンピューター用のプリント基板の大量生産・標準化を実現し、 現在ではハイブリッド車のモーター制御をはじめとする多くの電子機器で使用する 半導体のめっき処理に適用され、業界の発展に大きく寄与している。 また、後進への指導に加え、当人が持つ技能のデジタル化により技能継承に貢献している。

■厚生労働省発表 

令和元年度 卓越した技能者(現代の名工)を決定
  https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_07714.html 

令和元年度 代表的な技能者について
  https://www.mhlw.go.jp/content/11806001/000563996.pdf 

■全鍍連歴代表彰者一覧 

 こちらから全鍍連歴代表彰者をご覧頂くことができます



ご利用にあたって | 関連団体リンク | アクセス


〒105-0011 東京都港区芝公園3丁目5番8号 機械振興会館206号室  電話番号 03-3433-3855 FAX番号 03-3433-3915

Copyright(c)2003 Federation of Electro Plating Industry Association,Japan All Right Reserved