全国鍍金工業組合連合会(ぜんとれん)

第59回全国大会を開催しました  〜REPORT〜 (2021.11.25)
令和3年11月24日(水)機械振興会館(東京都港区)にて第59回全国大会を開催致しました。
今年度は新型コロナウイルス感染対策として、会場開催に加えて「Zoom」を活用したリモート中継を行いました。
なお全国大会の詳細なレポートにつきましては機関誌「全鍍連」(令和4年1月号)をご覧ください

開催レポート

■ 苅宿会長挨拶

 本大会は、上村総務委員長の司会進行によって行われ、最初に神谷総務副委員長が開会宣言を述べた後、国歌斉唱並びに業界関係物故者への黙祷が行われました。続いて主催者を代表して苅宿副会長が、 「本日は大変お忙しい中、59回全国大会にご出席を賜り誠にありがとうございます。コロナ禍において会場にご出席いただいた方々、またZoomでの参加の方々に大変感謝を申し上げます。
19都道府県において出された新型コロナウイルス感染拡大の緊急事態宣言が9月30日に解除されて以来、新たな感染者は低い数値のまま推移しています。しかしながら、これから冬場を迎えて第六波の感染拡大も懸念されます。本来であれば大会後に懇親会などを行いたいところでありますが、このようなことを鑑み、お預けとさせていただきましたことをご了解いただければと存じます。
さて、経済の方は9月に日銀が発表した大企業製造業の景況感は改善しているものの、コロナ禍による海外経済の減速や半導体不足などの供給制限により先行きが不明となっております。我々めっき業界も今後の経営見通しは不透明と言わざるを得ません。材料不足の悩みについては、我々業界としても早期の解決を目指したいと存じます。
ここで悲しい事実を申し上げなければなりません。多くの皆様はすでにご存知と思われますが、9月25日に全鍍連清水専務理事がご逝去されました。痛恨の極みでございます。清水専務が引かれた道筋を、我々が結束して進めていくことが、その功績に報いることと確信をしております。
なお清水専務ご逝去に際し、先ほど開催した理事会におきまして山ア副会長が専務理事兼務となることが決定いたしましたのでこの場を借りてご報告申し上げます。
また全鍍連の活動としましては、今年度は、昨年は開催中止となった全国めっきコンクールを開催いたしました。理事会や各委員会もリモート会議を組み合わせながら実施をしてまいりました。今後も様々な工夫を凝らしながら進めてまいりますので、何卒ご協力の程お願い申し上げます。
嬉しいニュースもございます。今回は「現代の名工」に東北・北海道組合の潟Gム・ティ・アイの齊藤様、九州組合の潟Iジックテクノロジーズの安田様のおふたりが選出されました。我々業界にとっては非常に喜ばしく、他の組合員の励みにもなります。
コロナ禍の中でも、全鍍連としてはさらなる発展を目指して全力を尽くす所存ですので、今後とも皆様方のご支援ご協力をお願いし、ご挨拶とさせていただきます。本日は誠にありがとうございました。」 と挨拶を述べました。





苅宿会長挨拶


会場の様子


会場の様子


万歳三唱

■ 全国大会表彰

 続いて第59回全国大会が行なわれ、表彰式では(1)組合功労役員表彰、(2)環境整備優良事業所表彰、(3)全国めっき技術コンクール表彰、(4)特別表彰プレミアムアワード、(5)卓越した技能者表彰が行われました。
※なお本年度コンクールにつきましては、前回に引き続き東京都競技大会等促進支援事業(奨励金事業)に採択されました。
 本年度の組合功労役員表彰は11名が、組合事務局優秀専従者表彰は1名がそれぞれ表彰されました。
 なお、環境整備優良事業所認定事業所として本年度新たに59事業所が認定されました。(認定期間は2022年1月1日より1年間)
 また本年度の全国めっき技術コンクールにつきまして、 研磨-装飾クロムめっき部門において旭産業鰍フ阿部 昭彦様、 装飾クロムめっき部門において同じく旭産業鰍フ阿部 昭彦様、 亜鉛めっき部門において拠ゥ日鍍金工場の関口洋平チーム様、 無電解ニッケルめっき部門において茨城プレイティング工業鰍フ製造三課様、 硬質クロムめっき部門においては清川メッキ工業鰍フ伊與 駿平様 がそれぞれ厚生労働大臣賞を受賞され、厚生労働大臣の代理として、苅宿会長より表彰状が授与され、引き続き、各賞の受賞者にも表彰状が授与されました。
 またコンクールの厚生労働大臣賞の受賞数に応じて、特別に表彰を行う「プレミアムアワード」につきましては、旭産業鰍ェ表彰されました。
 また卓越した技能者表彰につきまして、去る11月8日に本年度「現代の名工」として表彰された潟Gム・ティ・アイ(東北・北海道)の齊藤 伸寿氏、潟Iジックテクノロジーズ(九州)の安田 敬一郎氏に、苅宿会長より賞状が授与されました。全受賞者を代表して齊藤氏より謝辞が述べられました。

■ 新スローガン

「共に前へ」−挑戦で未来へつなぐ−

 議事において、議長(苅宿会長)より第59回全国大会宣言(スローガン)『「共に前へ」−挑戦で未来へつなぐ−』が提案され、満場の拍手をもって採択されました。




コンクール厚労大臣賞表彰



プレミアムアワード表彰



令和3年度現代の名工受賞者2名



新スローガン
開催報告(概要)
開催日  : 令和3年11月24日(水曜日)
開催場所 : 機械振興会館6-65・66・67(東京都港区)
出席者  : 会議室参加者76名・Zoom参加者51名


ご利用にあたって | 関連団体リンク | アクセス


〒105-0011 東京都港区芝公園3丁目5番8号 機械振興会館206号室  電話番号 03-3433-3855 FAX番号 03-3433-3915

Copyright(c)2003 Federation of Electro Plating Industry Association,Japan All Right Reserved